• トップ
  • > 東京認知行動療法アカデミーとは

東京認知行動療法アカデミーとは

認知療法や認知行動療法は、いまや世界の精神療法の主流になりつつあります。
しかし、認知療法を本格的に学ぶ場所は多くはありませんでした。
このような強いニーズに答えて、この分野の臨床や研究をしてきた有志が集まり、東京認知行動療法アカデミーを作りました。

東京認知行動療法アカデミーの活動

年3回のワークショップを開講します(4月、10月、1月を予定)。
1回のワークショップで6科目を開講する予定です。

日本の認知療法・認知行動療法の第一人者が講師をつとめ、実践的なワークショップ形式あるいは講義形式でおこなわれます。

受講できるのは、原則として、医師、臨床心理士、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、理学療法士、薬剤師、教員免許、学校心理士、産業カウンセラーの資格を持つ方か、心理学系の学部に在学中か卒業された方、心理系の大学院に在学中か修了された方です。
ご要望に応えて、受講資格を拡大いたしました。
上記資格に該当しない一般の方でもご希望があれば受講できるように致しております。
(専門コース・一般コースの区別を廃止し、全て専門家を対象にした講座設定となっております。)

受講料は1科目ごとに8千円です。

一定条件の履修ごとに、研修受講証明書を発行いたします。
詳しい内容につきましては、研修受講証明書 発行のご案内 をご確認ください。

東京認知行動療法アカデミーの組織構成

学院長
久保木 富房(東京大学名誉教授)
事務局長
貝谷 久宣(医療法人和楽会理事長)
教務担当
丹野 義彦 (東京大学教授)
総務担当
野村 忍 (早稲田大学教授)
監査担当
福井 至 (東京家政大学教授)
発起人(理事および講師:五十音順)
  • 池淵 恵美 (帝京大学教授)
  • 石垣 琢麿 (東京大学教授)
  • 伊藤 絵美 (洗足ストレスコーピング・サポートオフィス所長)
  • 井上 和臣 (鳴門教育大学名誉教授)
  • 大野 裕 (一般社団法人 認知行動療法研修開発センター 理事長)
  • 神村 栄一 (新潟大学教授)
  • 切池 信夫 (大阪市立大学名誉教授)
  • 熊野 宏昭 (早稲田大学教授)
  • 坂野 雄二(北海道医療大学教授)
  • 嶋田 洋徳 (早稲田大学教授)
  • 清水 栄司(千葉大学教授)
  • 鈴木 伸一(早稲田大学教授)
  • 竹内 龍雄(帝京大学名誉教授)
  • 坪井 康次 (東邦大学名誉教授)
  • 原田 誠一(原田メンタルクリニック所長)
  • 樋口 輝彦((独)国立精神・神経医療研究センター名誉理事長)
  • 福居 顯二 (京都府立医科大学教授)
  • 藤澤 大介(慶應義塾大学医学部精神神経科 緩和ケアセンター 専任講師)
  • 遊佐安一郎(元東京大学客員教授)
東京認知行動療法アカデミー 組織変更のお知らせ
この度、東京認知行動療法アカデミーは、 特定非営利活動法人 不安・抑うつ臨床研究会から独立し、
特定非営利活動法人 東京認知行動療法アカデミーとして新たに設立登記いたしました。

東京認知行動療法アカデミーのカリキュラム(予定)

アカデミーでは下記のようなカリキュラムを予定しております。
詳しい日程や内容、講師などにつきましては回ごとに違いますので、ワークショップのご案内 をご確認ください。

大科目 科目名
基礎科目 うつ病の認知療法概論
心身症と認知行動療法
不安障害の認知行動療法概論
認知療法の治療総論
認知行動療法の脳内メカニズム
健康科学と認知行動療法 
EBMと認知行動療法  など
臨床科目 1)技法論 認知行動療法のための面接基礎技法
認知修正技法
問題解決療法
行動療法的技法
集団認知行動療法 
事例スーパーバイズ
スーパーバイズ技法 など
2)対象別治療論 うつ病の認知行動療法
不安障害の認知行動療法
精神病の認知行動療法
発達障害の認知行動療法 など
3)特論 認知行動療法と心理アセスメント
学校場面における認知行動療法
ストレス免疫訓練
対人関係療法 など

ワークショップのご案内

  • ワークショップのご案内
  • 過去に開催したワークショップ

その他のご案内

  • 東京認知行動療法アカデミーとは
  • 研修受講証明書発行のご案内
  • 求人掲示板