武藤 崇
同志社大学 心理学部心理学科 教授

ワークショップ概要
この10年,ACTに関する書籍(日本語で読めるものも)が多数公刊され,一定に「輸入」段階は完了したと言えるでしょう。しかし,その反面,誤解や誤用を見聞きすることも増えてきました(どのセラピーにおいても当てはまることなのかもしれませんが)。そこで,本ワークショップは,ACTを「解剖する」ことにより,その核心を再確認し,誤解や誤用を修正・予防することを目的とします。
第49回ワークショップの詳細情報・申込画面