長谷 川洋介
東京マインドフルネスセンター センター長

ワークショップ概要
マインドフルネスストレス低減法における実践方法の基に実践をしてシェアリングを行います。
今回はマインドフルネスの実践に加えてシェアリングにもスポットを当てたいと思います。マインドフルネスストレス低減法では実践を振り返るために参加者同士・全体でのシェアを行います。
それぞれの実践、坐る瞑想・歩く瞑想・ヨーガ・ボディスキャンは大切なマインドフルネスの実践になりますが、その実践の後のシェアリングは重要な意味合いをもちます。今回は実践だけではなくシェアリングについて理解も深めていただきたいと思います。
第50回ワークショップの詳細情報・申込画面